生活

離婚時に子供との面会頻度はどうしてる?同伴はするべきなのか

離婚を決断された方へ。まずは、お疲れさまでございます!

しかしこれからの決め事はかなり重要ですので、早まらず、しっかり話し合って決めていきたいですよね。今回は、私が離婚した際、公正証書を交わして実際に決めた子供との面会頻度、同伴についての決め事についてお話したいと思います。

今はアドレナリンが出まくってることでしょう。一度、深呼吸してから読んでくださいね。

スポンサーリンク

よくある面会パターン

一般的に、というか世間では、というかテレビでは、月に1度の面会や、多い人達だと2週間に1度の面会など細かく決めているイメージがありませんか。

そして、母親(もしくは父親)が絶対同伴することが条件!みたいな。

無理もありません。離婚するときなんて、たとえ円満離婚だったとしても何かしら衝突などあってのことでしょうから。

しかも、恋人たちのように簡単に「サヨナラバイバイ」なんていきませんよね。大切な子供がいるときはかなり神経質になってしまいます。

まぁお金が絡んでくるから余計なんだと思いますけど。実際私は、目が血走ってましたwww

旦那を汚らわしいとすら思ってましたから、かわいい息子に触れてくれるな!と(笑)で、私も決めようとしてました。月に1回、絶対同伴!そっちの親にも会わせん!なんて。

でも、細かい決め事はよくありませんよ。

 

公正役場の人からの助言

画像出典:https://pixabay.com/ja/

私は、元ダンのお金関係で一気に信頼を失ってしまい、元ダンの言うこと、すること、まったく信じていませんでした。なので、養育費とか決めるときも「払う!」とか言われても信用ゼロ。

は、信じんわボケ。ってかんじでしたwwというか、例え相手を信用できると思っても公正証書は交わすべきですよ!

ある程度2人で決め事をまとめてから公正役場に行くと、役場の人がさらにいろんな条件を聞き出してくれるんです。むしろ、どんな人の知識や助言よりも、一番の離婚アドバイザーだと思います(笑)

一日に何件もの離婚に携わっているわけですから、凝り固まった決め事をするとあとあと揉めることだって、すべてお見通しです。

そんなとき言われたことは、「面会の決め事が一番ややこしいし、一番重要」だということ。

 

頻度は決めるとめんどい

おそらく、「相手を汚らわしい」などという感情がある人が離婚しようと決めると、月に1回しか会わせたくない!とか、同伴しないと向こうの親のところに連れて行かれる、とか、そんなことばっかり考えてしまうんだと思います。

私がまさにそうでしたwww

しかし役場の人は、「こんなに縛りをつけて決めていいのか」的なことを言ってきたんです。正味、ワッツ?!ってかんじでしたが、冷静な役場の人は「感情的になっている人」っていうのはお見通しだったワケなんです。

ようするに、離婚するとき、そのときの感情はとてもじゃないけど収まらず、アドレナリンが出っぱなしなんですけど、時間とともに感情は収まってくるんだよってことでした。義務化するとお互い辛いよって。

例えば、「月に1回しか会わせない」などと決めると、「月に1回は会わせないといけない」ことになる。

しばらく考えた結果。たしかに、月に1回とか決めるとこっちもだるいわなって。会わせないといけないって思うだけで辛いわなって。そういう感情になれました。

スポンサーリンク

同伴も考えもの

画像出典:https://pixabay.com/ja/

たしかに、まだ小さいときなんかは同伴したほうがいいでしょう。今時、誘拐なんかも他人事ではないと思いませんか。むしろ、信頼度ゼロだった私はそんなことも本気で考えてました。

同伴しないと、向こうの親に連れ去られる!って(笑)警戒心MAXですわ。

当時は、20年後であっても向こうの親はマジで無理だろうと思ってましたので、絶対同伴しないとダメ!絶対会わせたくない!って決めてたんですけど、やっぱり役場の人のアドバイスで少し冷静になれました。

子供が小さいときは親同伴じゃないと不安かもしれないど、大きくなったらちゃんと意思が出てくるよ。って。

例えば、「絶対自分が同伴しないといけない」などと決めると、「子供が高校生とか思春期になっても常に親同伴だと子供からするとどうなの」って、そういうことでした。

たしかに、18歳の思春期のときに母ちゃんがついてきたらうっとうしいわな、って。自分に自由はないのか、って言われるわな、って。

子供を思うなら、子供の意思も尊重してあげないといけないよね、そう思えました!

 

面会の決め事、解決しました!

というわけで、私たちは

  • 面会は、お互いの都合に合わせる(頻度の制限もないし、無理に会おうとしなくてよい)
  • 子供が小さいときなど、できるかぎり同伴するが、子供の意思も尊重する

ということを決めました。

ちゃんと決めなきゃいけない!というのは、細かく決めましょう、ということではないんです。ちゃんと決めるということは、お互い(子供含め)の意思を尊重しましょう、ってことなんです。

ルールに縛られると自分自身も生きづらくなるので、少し冷静になって、ゆるめに決める勇気を持ってください。きっと、しがらみ、苦しみから解放されますよ。

さぁ、あと少しで新たな人生の幕開けですね!そのときは、自分に思いっきり「コングラチュレーション!」と言ってあげましょう。

そして私もそのときは、心から「コングラチュレーション!」と言わせてください。

あのときの感情はいずこへ~現在は

画像出典:https://pixabay.com/ja/

ちなみに3年ほど経った今私たちはどんなかんじかと言いますと、めっちゃゆるいですww現在住んでいる地域も近いので、本当に気まぐれで連絡きたり、したり。ふいに会ったり、会わなかったり。

何か月ぶりだろ~なんてときもしょっちゅうです(笑)でもお互いまったく気にしていません。これも、お互い新たな人生を楽しめているという証拠だと思います!

ちなみにあれだけ元ダンの家族NGだった私ですが、先日、元ダンに息子を託しました。離婚して初めてです。そして元ダンの実家で楽しく遊んでたそうですよ。

というか、もう離婚して半年ほど経過するころにはすっかり当時の感情すら忘れてまして、嫌いだとか会わせたくないとか、まじでどうでもよくなりました(笑)

あのときの役場の人の言葉「怒りの感情はいずれ薄れるし、薄れないとあなたが辛い」という言葉、本当にその通りだと思います。

ずっと怒りや苦しみから逃れられないと、離婚がマイナスになってしまいますよ!解き放て~~(笑)

そんな私も本当に、コングラチュレーション!

それではごきげんよう。

スポンサーリンク

ABOUT ME
いちえ
はじめまして、いちえと申します。 人生をいかに楽しめるか、日々探求中。 犬のこと、子供のこと、旅行のこと、思いついたこと(多め)、自由きままに発信していきます♪