パグ

パグはかわいいだけじゃない!おだやかな性格は犬種No.1?

顔がクシャっとなって鼻ぺちゃで、ブサイクなのにとてつもなくかわいい「ぶさかわ」なパグは、今とても人気が高いんですよね。何があったの?と聞きたくなるほど困った顔をしたり、首をかしげてみたり、もう、なんともいえないほどかわいいパグは、実はかわいいだけじゃないんです。

パグは愛くるしくてかわいいお顔に加えて、とっってもおだやか。そして、いかなるときもマイペースで温厚な性格の持ち主なんですよ。

人間がとにかく大好きで、室内でしか暮らせない理由は、なんと祖先のDNAが関係していました(笑)犬種の中でトップレベルに性格がいいパグ、でも実は繊細な一面もあるパグ。パグの特性や性格を知り、もっともっと好きになりましょう。

 

スポンサーリンク

パグについて

パグの人気の理由やパグの性格を見ていく前に、まずはパグという犬を知っていきましょう。パグの出身や名前の由来などを知ると、納得することばかりですよ。

パグの出身

パグ(Pug)の出身地は、中国といわれています。パグは中国の王室で飼われていた犬として有名で、なんと紀元前から暮らしていたんだそうです。そんな昔の時代から、人々に愛されてきていたとはびっくりですよね。

そして王室で飼われる犬だなんて、相当ぜいたくをしていたんだと想像できませんか。育った環境から、お坊ちゃま、もしくはお嬢さま気質が見えてきましたね~。

種類

パグってよくブルドッグと間違えられるのですが、まったく違うんですよね。パグはあくまでパグなんです。パグ派の人からしたら「この顔のどこがブルドッグに見えるのっ」とみんな思っていることでしょう。

そしてパグは小型犬、なんですね。実はこれにもよくびっくりされます。「え~、大型犬かと思った~」なんて言われるときもしばしば。

「いや、だからそれブルドッグだから」とツッコみたくなりますね(笑)ちなみに、フレンチブルドッグは中型犬です。

毛の色

パグは、おおまかに4種類タイプの毛の色があります。一番多いのがフォーンです。耳が茶色で、体がクリーム色のスタンダードなパグの色ですね。

そして真っ黒のパグ。ちなみにうちのパグちゃんも黒色です。顔も真っ黒なので写真映えしないのが特徴です(笑)
他にも、真っ白のパグや灰色のパグもいて、あまり見かけないパグの色です。しかし顔を見るとすぐにパグだと分かりますよ。

握りこぶし

これ、パグの名前の由来なんですよ。ためしに握りこぶしを作って見てみてください。なんとなくパグの顔に見えてきましたか?(笑)ラテン語で握りこぶしのことを「パグナス」というらしく、これが略されてパグになったんだそうです。

名前の由来が握りこぶしだなんて。もっと他になかったのか、と思っちゃいましたが、でも茶目っ気もあり、なんだか愛さえ伝わってくる由来ですよね。昔からみんなの癒しとして飼われていたんだろうな~、なんて想像もできます。

 

人気上昇中、そのワケは

日本で人気の犬種といえば、トイプードルやチワワ、柴犬などをイメージされる人も多いのですが、実はパグは昔からファンが多いんです。

そして最近ではパグの人気がどんどん上がっていってるんですよ。これからパグの愛される理由を見ていきましょう。

愛くるしい顔

言わずもがな、ですよね。もうこの理由がダントツ1位です。なんともいえない、あのぶさかわな顔に癒される人がどんどん増えていってるんですよ。

ブサイクなんだけどどこか憎めない、見ていると笑顔にさえなっていく、そんな愛される顔が1番の人気の理由なんですね。

ペロッと舌を出してみたり、名前を呼ぶと首をかしげてみたり。行動ひとつひとつがおもしろくてかわいくて、一気にとりこになっちゃいますよ。

ちなみに横からのアングルもたまりません。私はよく、自分の手のひらをピタッとパグの顔にくっつけて、顔の真ったいら具合を確認しています(笑)

飼いやすい犬種

パグは性格がいいため、「飼いやすい犬種」として人気を集めているのです。あとでくわしく説明しますが、パグに性格の悪い子はいません、ときっぱり言いきれるほど。

人間のように犬も、育っていく環境、飼い主によって性格は変わってきますよね。でもパグは、もともとおだやかな性格をしているため、凶暴になることはほぼない、といえるでしょう。

家にいるときは常にの~んびり、マイペースにしているので、見ているこっちがマイペースになるかもしれませんよ(笑)

ドラマやCMで人気がでた

パグがテレビに出始めたのは、2006年からフジテレビで放送したドラマ「結婚できない男」からなんですよね。あのかわいいKENちゃん、覚えていますか。

桑野さん(阿部寛)の隣に住むみちる(国仲涼子)の愛犬KENちゃん。表情はもちろん存在自体すごい可愛かったですよね。あのなんとも言えないぶさカワ感が視聴者に伝わり、あのドラマから一気に人気を集めたようです。

そして杏さんが出る三菱のCMにも出ていたり、芸能人の坂上忍さんの愛犬森田パグゾウ」君など、さまざまなテレビの影響もあり、パグの人気は高まっていったんですね。

パグは性格がいい

さきほども挙げたように、パグって本当に性格がいいんです。小さなお子さんがいるご家庭でも、安ら心して飼うことができますよ。

とにかくおだやか

そう、とにかくおだやかなんです。ちょっとやそっとでは怒りません。例えば私の家にはわんぱく盛りの3歳の男の子がいるのですが、想像できるように子供はよくいたずらをするんですよね。

私が子供に怒るまで、パグちゃんにいたずらを仕掛ける、なんてこともしばしば。でも、その間パグちゃんはまったく怒らないんですよね。「ウゥー」なんていう威嚇の声も発しません。

そう、ただ無表情なんです。「いやちょっとは怒りなよっ」と言ってしまうほどに(笑)そしてパグはもともと凶暴な性格ではないので、噛みついたり、なんていうこともほぼないといえます。

ちなみにうちのパグちゃんや周りのパグちゃんたちは、一度も人に噛みついたことがないですので、子供がいるご家庭なんかでは特に安心して飼えますよ。

犬に興味がない

これもパグの特性ともいえるのですが、パグはとってもマイペースなんですよね。そして、パグは人間が大好きなんです。犬が近くに来ようとも、まさしくフル無視。

パグは常に自分のペースで生きているので、隣で犬が怒っていようがビクともしない子が多いようです。むしろ興味のない犬は視界にすら入っておらず、とにかくパグは人間とご飯にしか興味がない、というかんじなんですよね。

こういう特性を見ても、祖先の王室で暮らしていた雰囲気をかもしだしていますね。お坊ちゃま、お嬢さま気質のDNAがしっかり引き継がれているのでしょうか。

吠えない

パグはあまり吠えないんです。そして、吠えてもたいていは低い声で「ゥオンッ」という程度。小型犬は、トイプードルやチワワなど、よく吠えるイメージがあり、さらには声も高いですよね。

あまりに吠えるとご近所に迷惑がられることもありますが、パグはその心配はあまりないでしょう。ただ、ご飯の催促で吠えたり、ケージから出してほしい、など、何かの欲求で吠えることはあるようです。

どちらにしても人を見ても吠えることはほぼありませんので、間違いなく番犬にはなりませんね。仮に泥棒が入ったとしても、なついてじゃれてしまうんじゃないかと想像したりしています(笑)

 

スポンサーリンク

実はこんな一面も

とってもおだやかでマイペースなパグ。お坊ちゃま、お嬢さま気質から見える一面や、実はあまり知られていない一面なんかもあります。順番に見ていきましょう。

かなりの頑固者

パグは、相当な頑固者です。どこに対して譲れないのかはその子によってそれぞれなんですが、うちのパグちゃんの場合は散歩ですね。別に散歩が嫌いなわけではないんですよ。ただ、通りたくない道があるんです。

なんじゃそりゃー、って感じですよね。いきなり頑固スイッチが入るのでびっくりしちゃいます。友達が飼っているパグちゃんは、食べ物を盗み食いして見つかっても、何があっても離さないんだそうです。

パグはとにかく食いしん坊なので、食べ物のにおいがするものにはすごい執着するんですよね。譲れないものは譲れない、パグの事情があるのですね。

太ってしまうと病気のリスクが一気に高まるので、普通のドッグフードより多いグラムで食べられるごはんにしてあげましょう。

 

パグは、熱がりなうえに寒がりなんです。夏場は暑すぎるとすぐにバテちゃいますので、真夏のエアコンは必須といえます。そして寒さにも弱いので、室内であっても服は着せてあげましょう

よく、犬は服を着せると体温調節ができなくなるから着せないほうがいい、なんて聞きますが、パグは逆に着せてください。

実は私も、犬は体温高いって聞くし大丈夫かな、なんて思って着せていなかったりしていたのですが、「犬だって寒いよ。パグはとくに服を着せてあげないとね。」と獣医師さんに注意されたことがあるんです。

まるで人間のように暑がりで寒がりなパグ。パグは必ず室内で飼ってくださいね。外で飼うとすぐに体調を崩してしまう恐れがあります。このような点から見ても、お坊ちゃま、お嬢さま気質が感じられますよね。

本当は繊細

このことはあまり世間では知られていないのですが、実はパグはかなり繊細な性格をしているんです。これは獣医師さんや看護師さんに教えてもらったのですが、パグはとっても繊細で、人の言葉にすぐ傷ついてしまうんだそうです。

パグの愛らしい顔や、マイペースな顔からはとうてい想像つきませんよね。私もそうだったんです。私のかかりつけの病院の初診の日、問診票を書いていると、看護師さんがパグちゃんを見て「この子はすごい臆病だねぇ」と一言。

私は正直、パグが臆病だとかそんなこと、みじんも思ったことがなかったので、頭にハテナマークがいっぱいだったんですよね。でも毎日診察をしている先生たちには、犬の性格がだいたい分かるんだそうです。

例えばパグなんかだと、「ブサイクだな~」とか「かわいくないな~」とか冷たく言われちゃいがちなんですよね。

散歩のすれ違い際にとっさに「変わった顔だね」なんて言われたり。たとえその人に悪気がなくても、パグは聞いていないようでちゃんと聞いていて、そのたびに傷つくんです。

何気ない一言でパグを傷つけないよう、飼い主は特に気を付けましょうね。傷つきすぎると悩みだして、病気をしちゃうこともありますので注意してください。

ちなみに、黒パグの性格、黒パグあるあるはこちらの記事にまとめてあります。

 

まとめ

  • パグは紀元前から中国の王室で飼われていた犬で、ラテン語の「パグナス(握りこぶしという意味)」が名前の由来。
  • パグは小型犬で、毛の色はフォーン灰色などのタイプに分かれている。
  • パグが人気の理由は、愛くるしい顔、そしておだやかな性格で飼いやすい犬といわれているため。
  • パグはけっこうな頑固者で意思を曲げず、普段温厚でも怒ることがある。
  • パグは暑さと寒さに弱いので、、室内の温度管理には注意が必要。冬は服を着せたほうがいい。
  • パグは実は繊細な性格をしている。人の言葉ですぐに傷ついてしまう。

ときに困った顔にも見える、ぶさかわなパグ。とてもおだやかで人間が大好きなパグは、居てくれるだけでみんなを笑顔にする、すばらしい存在ですよね。

パグが人気になる理由は性格にあり。パグの特性や性格を知り、毎日をパグとHAPPYに暮らしましょう。

 

スポンサーリンク

ABOUT ME
いちえ
はじめまして、いちえと申します。 人生をいかに楽しめるか、日々探求中。 犬のこと、子供のこと、旅行のこと、思いついたこと(多め)、自由きままに発信していきます♪