パグ

プチブラバンソンはパグ似!違いや特徴を知ってサンサン探し!

パグにそっくりな顔立ち、というか知らない人はパグにしか見えない、そんな犬種を知ってしまったいちえです。

その名も「プチブラバンソン」。私はこの犬種の存在を知った時かなりの衝撃を受けました!

だって、パグなんだもん。パグにしか見えないよ~!というワケで、今話題のプチブラバンソンについて説明していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

きっかけは拡散される捜索願

私がこの「プチブラバンソン」を知ることになったきっかけは、TKO木下さんのインスタでした。木下さんは白のフレンチブルドッグを飼われていて、いつもかわいい画像をUPされていたんです。

もう、めっちゃオモローなキャラで木下さんにクリソツ!(笑)そんなかんじで日々インスタを見ていたわけですが、ある日、ある方の捜索願をシェアされてたんです。

気になって見ていると都内周辺でいなくなってしまったと。で、投稿元の人のインスタを見ていると「パグに似た細身の小型犬」と書かれていまして、え?となったわけです。

View this post on Instagram

#Repost @yamafujisun with @get_repost ・・・ 連日ご協力いただきありがとうございます。 夜中10時過ぎに捜索者がサンサンを目撃したので、皆んなで探しまくって、連絡が遅くなり申し訳ありません🙏🏼🙇🏻🙏🏼 今日も残念ながらサンサンとは会えていません。 ・ ただ、謝礼金を無くしたにも関わらず、本日は今まで以上に多くの方々に捜索のご協力をいただきました。 ・ 正直、ご協力いただける方も減り、その中で謝礼金を無くす事に不安もありましたが、今日暑い中多くの方々にご協力いただけ、改めて希望を持つことが出来ました。 捜索に協力してくださる方はもちろんの事、SNSでの拡散も力になっていると感じております。 まずは、心よりお礼を申し上げます。 ・ 目撃情報ですが、昨夜20時頃、井荻にて、不確かですが『黒い犬のようなものを見た』という情報がありました。 今後ですが、現在の練馬付近の捜索は続けつつ、井荻の情報も無視は出来ないため、そちらにも捜索の範囲を広げる事に致しました。 ・ つきましては、明日は井荻、富士見台、下井草、練馬高野台近辺での捜索も致します。 神呂橋に9時に集合致しますので、引き続き皆様のご協力をお願い致します。 ・ 皆様お一人、お一人の声を糧に必ずサンサンを探します。 よろしくお願い致します。 ・ 【お願い】昨日より、謝礼金はなくなりました。大変申し訳ございません。 サンサンの安全を第一に考えての決断です。どうかご理解頂きますようお願い申し上げます。

A post shared by 木下 隆行 (@tko.kinoshita) on

え、パグやん?パグに似た犬ってどういうこと?とまぁ気になって仕方なかったわけです。

ちなみに私が住んでいる地域はあまりにも遠いので捜索のお手伝いはできないんですけど、都内に住まれている方でパグらしき犬がうろついてるところを発見したらぜひyamafujisunさんまでご一報をお願いします。

いまだにお家に帰れてないらしく、こんなクズな私でも飼い主さんの気持ちを思うと心が苦しくなります。

 

パグじゃない!ベルギー原産の犬種

そんな捜索願がきっかけでプチブラバンソンがなんなのか気になった私。ご存知、パグは中国が原産です。中国の王室で飼われていたという貴族かぶれのパグ(笑)

しかし、このプチブラバンソンはベルギー原産のまったく違う犬種だったんですよ。

ウィキペディアを調べてみると、プチブラバンソンの犬種の他に「ブリュッセルグリフォン」「ベルジアングリフォン」という兄弟犬種がいまして、もとをたどればいろんな犬が掛け合わされていたんです。

画像出典:ブリュッセル・グリフォンWikipedia

いやいや、そもそも兄弟犬種ってなんや、ってかんじですよね。というか私がそうでした(笑)

この犬種はかなり歴史が深くてびっくりしたんですけど、プチブラバンソンなどのもととなる「グリフォン」というネズミなどを捕まえる小型の猟犬が一番の祖先

で、当時のベルギー王妃マリーアントワネットが愛犬にしたことにより人気が出てきたんだそうです。

ただそのグリフォンはあまり可愛くなかったので、ヨークシャーテリアやキャバリアキングチャールススパニエルといういろんな犬が掛け合わされてできた犬種が「ブリュッセルグリフォン」というワケです。

画像出典:ヨークシャー・テリアWikipediaキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルWikipedia

ちなみに「ベルジアングリフォン」は「ブリュッセルグリフォン」の色違いみたいなんで、見た目でそう変わることはないようです。

で、その「ブリュッセルグリフォン」と「ベルジアングリフォン」にパグが掛け合わされてできた犬種が「プチブラバンソン」だったんですよ。どうりでパグに見えるはずだわ(笑)てかパグの血が強すぎてびびるわ(笑)

というか正直、今でいうMIX犬じゃないかって思ったんけどね、どうやらこのプチブラバンソンは知る人ぞ知る人気の犬になっていったので、新しい犬種として認定されていたようです。

しらなかった~~~。というかペットショップで見かけたことないから知るはずありませんよね。

参考:ウィキペディア

 

スポンサーリンク

パグとの違いは大きさ

画像出典:プチブラ・バンソンWikipediaパグWikipedia

パグの血が強すぎるプチブラバンソンなら、顔はまんまパグってかんじですけど、決定的な違いは大きさにありました。

パグはもともと小型犬。で、プチブラバンソンは超小型犬なんです。「超」ですよ。ようは、トイプードル並に小さいってわけです。ちっっさ!顔もこっま!

そしてパグの平均体重は6~9kgと言われてるんですけど、プチブラバンソンは4~6kg。かっる!

あと顔の違いですが、ウィキペディアを見ると

パグの顔は「困り顔」であるのに対し、ブラバンソンは「怒り顔」である

引用:ウィキペディア

となってました。確かに、めっちゃ怒ってますやないの。何がそんなに気に入らないのか(笑)でもこれも愛嬌ある顔でかわいいですね。

パグが好きな人なら、パッと見てすぐ顔の違いってわかると思います。パグ同士でも顔の違いはハッキリ分かるくらいですからね。

ただ、パグの遺伝が強いプチブラバンソンだと顔の違いも分かりません(笑)やっぱり体の大きさで判断するしかないですね。

ちなみに、ペットショップでパグは見かけるけどプチブラバンソンは見かけないその理由は、ずばり値段が高級だから

掛け合わせるのは、プロのブリーダーさんでもなかなか難しいんだそうです。そりゃ、見かけないはずですよね。

 

どちらも兼ね備えている性格

画像出典:https://pixabay.com/ja/

パグといえば、とにかくマイペースで穏やか。そして人間が大好き。対してプチブラバンソンは、大人になるまでかなり活発なんです。

やっぱり祖先は猟犬なので血が騒ぐんでしょうか。ただパグの血もちゃんと引き継いでいて、マイペースで頑固な一面もあるんだそうですよ。

パグってああ見えてかなりの頑固者ですから、プチブラバンソンもそこは似てしまったのですね(笑)

パグはかわいいだけじゃない!おだやかな性格は犬種No.1?

あとパグは基本的に人間なら誰でも大好きなんですけど、プチブラバンソンはそうではないらしく、飼い主以外の知らない人にはそこまで寄り付かないんです。

これは大きな違いですね。さすが猟犬。飼い主に従っているかんじが見て取れますよね。

あ、あといびきは相当なもんらしいです。さすがパグ似!というか鼻ぺちゃは仕方ないですよね。私もいびきガーガー派ですから。え?鼻?ぺちゃんこです。

 

まとめ

パグに似ている「プチブラバンソン」という犬種は、ベルギー原産の超小型犬。「ブリュッセルグリフォン」と「ベルジアングリフォン」にパグを掛け合わせているため顔だちや性格はパグに似ているが、体がかなり小さいのが特徴

マイペースで頑固な性格はパグに似ていて、活発で知らない人には寄り付かない性格は、猟犬だった祖先の血を引き継いでいる。

困った顔をしているパグに対して怒った顔をしているプチブラバンソン。一見すると同じ顔に見えますが、トイプードル並の大きさなのですぐに分かるでしょうね。

ということで今回はプチブラバンソンとパグの違いをご紹介しました。

もし都内近辺で黒い小さな犬を見かけたら、顔を確認してみてください。たくさんの人が必死に探しているプチブラバンソンのサンサンちゃんが、一日でも早くお家に帰れますように。

 

スポンサーリンク

ABOUT ME
いちえ
はじめまして、いちえと申します。 人生をいかに楽しめるか、日々探求中。 犬のこと、子供のこと、旅行のこと、思いついたこと(多め)、自由きままに発信していきます♪