エンタメ

紙でバラを手作り!簡単ペーパークラフトで薔薇の花100本に挑戦

かくかくしかじか、この度撮影用にバラを100本用意することになりました。もちろん生花は高すぎるので却下。

100均にもバラの造花があるけど、それでも高い。じゃぁもう手作りしかないやろ!的なかんじでYouTubeを駆使して紙で作ってみました。

流行りのペーパークラフトで100本のバラ!以外にも簡単にできましたよ。

 

スポンサーリンク

簡単バラの手作り!ペーパークラフトに必要なもの

今回参考にしたのはこちらのYouTube動画です。動画は他にもいろいろありましたが、これが一番わかりやすかったんですよね。

これなら私にもできるかも!って思いませんか。まぁ私もその一人で、この動画を見てすぐ折り紙を買いに行こうとしたんですが、よく考えたら折り紙って表は色付きでも裏は白色ですよね。

いや、まぁ両面同じ色の折り紙にすればいいだけなんですけど。でもそれだと値段が高い!(とことんケチる)

てなワケで100均で買える赤色の画用紙にしました。というより、折り紙より画用紙のほうが固くてしっかりした作りになりますよ。(というよりよく見たらこの動画も画用紙だった?笑)

ということで、私はすべて100均(ダイソー)で揃えました。

  • 赤色の画用紙10枚入り×5
  • 緑色のストロー200本入り×1
  • 木工用ボンド×2

これで計800円ですね。私は、葉っぱの部分はいらないかと思い買いませんでしたが、必要であれば緑色の画用紙(折り紙)が必要になります。

というか私はたまたま家にいい感じの緑の折り紙があったので、100本のうち何本かは葉っぱ付きです。何本かだけ(笑)

そして、茎の部分を緑のストローにしてます。本来は長めの竹串とかにして作るみたいですが、予算の関係でストローにしました。(ただのケチ)。ストローだと短いので花束にするとき苦労しましたが、圧倒的に安くつきますよね。

あと、ボンドは今ペンタイプの形があるのでそっちの方が作りやすいかもしれません。まぁその分ボンドの量が少ないので、私はいわゆるな形のボンドを買いました(笑)

ということで、どこまでも値段を抑えて材料をそろえたのでした。

 

とにかく手間はかかるが簡単に作れる!

まぁ、一言でいうとかなり手間はかかります。なにせ100本ですからね。むしろ生花のバラよりボリュームもあるし、100本もいらなくない?!なんて思いながら作ってました。

1本1本丁寧に作るなら、先ほどの動画のとおりに1本ずつ手がけるといいですけどね。今回私は100本だったので、最初の何本か以外は1工程ずつまとめて作るという方法にしました。

  1. 画用紙を全て折る
  2. 画用紙を全て丸く切っていく
  3. 花びらの大きさごとに分ける
  4. 花びらを丸める
  5. ストローに巻き付ける
  6. あとは挿していく

こんな具合です。最初の段取りが非常に面倒でしたが、下ごしらえさえできたらあとはチャチャっと出来上がりました。もう、内職ですね(笑)

ちなみに所要日数は5日程度。1日何時間かずつでの作業でしたので、本気でやればもっと早く出来上がると思いますよ。

 

思いのほか大変だったのがラッピング!

わぁ~!やっとできた~!と一人感動と達成感でしばらくは浸ってたんですが(笑)まだ終わっていません。最後、花束にするという作業がありました。しかもこれが思いのほか苦戦しまして。。

というのも、このペーパークラフトのバラはとにかく軽いんですよね。そしてストローが短い。最初、何も考えず生花のバラの組み方を見て真似しようと思ってたんです。

ちなみにこの動画を参考にしました。2倍速にしても長いので飛ばし飛ばし見てましたけど。

で、順調にバラを並べていってたんですが、花びらが強すぎてギュッとならないんです!分かります?1本1本の主張がすごくて誰も席を譲らないかんじです。

まぁどうなったかというと、30本ぐらい並べたぐらいで崩れだすという。。ストローも短いのでまとめることもできず、ここにきて冷や汗が止まりませんでした。ヤバイ、このままだと完成しねぇ!

てかそもそも、生花のバラは茎がめっちゃ長いですよね。ストローの3倍以上の長さですもん。そら無理だわ。

と、あれこれ試して失敗して考えた挙句、型紙作戦にでました。これまた100均に行って、白色の四つ切画用紙とラッピング用の不織布を1つずつ購入。計200円ですね。

で、画用紙を2枚ぐらいつなげて大きな円錐をつくり、それに挿していったわけです。まぁ、最初の方は挿すというよりは横にして並べていき、テープで固定していきました。

しかし大きな円錐なので下半分はスカスカ。これは、チラシとかを丸めて押し込んでいくことで一応クリア(笑)

だいぶ形になってきたら、立てらかして穴を埋めるように挿していきました。で、ラッピング用の不織布で巻いてテープで止めたら完成!

えぇ、なんとか完成したわけです(泣)ナイロンとかで巻いたり、リボンをつけたりしてもっと凝ればめっちゃ完成度は高かったと思いますが、とにかく完成したので満足でした!

この一連の作業、1分の動画にギュッとまとめたので(ラッピング作業はグダグダなので飛ばしてます)よかったら見てみてください。

本物はあれですけど、写真や動画になるとけっこう画になってませんか。もう、一連の苦労を思い出すと自分の中ではけっこう感動だったんです~!

 

終わりに~ペーパークラフトのバラはかなり映える!

ということで撮影にこのペーパークラフトのバラ100本を使ったわけですが、思いのほか映えましてですね。撮影は無事成功!めちゃめちゃ絶賛されました(嬉)

やはり何日も同じバラを見てた私からすると目が慣れて普通だったんですが(出来上がった感動はヤバイ)、知らない人が見ると「すげー!」ってなるようで。感動を分かち合えてうれしい限りでした。

今回私は撮影用ということで100本のバラを作りましたが、プレゼント用にしてもいいかもしれませんよね。生花にはない、手作りの感動というやつがあるんじゃないでしょうか。

高いお金を出せば見事な100本のバラが手に入りますが、こうやって1本1本手作りで出来上がった100本の花束は、いろんな意味でいろんな人から喜ばれると思いました。

ということで、今回の材料費は合計1000円!かなりの破格で出来上がりました。ラッピングや、茎や葉っぱに凝ればもっともっとすばらしい花束ができるんじゃないかと思います。

よかったら、結婚式や記念日などに作ってみてはいかがでしょうか。不器用な私ができたわけですから、誰にでも作れますよ☆(気合いはめっちゃ大事)

それでは、ごきげんよう!

スポンサーリンク

ABOUT ME
いちえ
はじめまして、いちえと申します。 人生をいかに楽しめるか、日々探求中。 犬のこと、子供のこと、旅行のこと、思いついたこと(多め)、自由きままに発信していきます♪