パグ

パグの黒色は性格が違うって本当?黒パグあるあるを一挙公開

黒パグって本当にかわいいですよね。黒パグはわりと珍しいので、ペットショップで黒パグを見かけるとテンションがあがる人も多いのではないでしょうか。

我が家でも黒パグを飼っているのですが、黒パグって嬉しいときの興奮度合いがすごいんですよ。

そしてフォーン系の毛色に比べて少し骨格が太い傾向にある黒パグ。実は、黒パグは若干性格にも違いがあるかもしれません。

そんな黒パグを激推ししている私が、今回は可愛いくてたまらない「黒パグあるある」を紹介したいと思います。オスとメスの違いなんかも必見ですよ。

 

スポンサーリンク

黒パグあるある①インスタ映えしない

こればっかりは避けられません(笑)なにせ真っ黒ですからね。例えば「あ、今かわいいっ」と思ってスマホでカシャッと撮っても「なにこれ真っ黒。」となるわけです。せっかくかわいいのに、良さがまるで伝わらない。あぁ、悲しきかな。

しかも、ちゃんと顔が認識できる黒パグの写真をインスタにのせるのに(自分の中では)友達からは「え、気づかんかった」「黒いかたまりに見えた(笑)」など、おいおーい!なコメントが来るわけです。

とはいえ最新のスマホはかなり画質もいいですし、写真の明るさも調整できるので昔と比べるとはるかにかわいく撮れますけどね。

黒パグは本当にさまざまな表情を見せてくれるので、いちいち写真を撮りたくなるんですよね。

 

黒パグあるある②嬉しいときは止まれない

嬉しいときやご飯のときなど、興奮するととにかく小刻みに動いて、止まれないのが黒パグなんです。「え、毛の色で関係あるの」なんて思いますよね。確かに、毛色の違いは性格に影響しない、と一般的には言われているんです。

しかし実際に、パグを飼われている人達の間では、黒パグは止まれない、というワードは当たり前のように認識されているんですよ。

止まれないってどんなかんじなのか分かりやすくいうと、後ろ足をじたばたじたばた、まるでクレヨンしんちゃんの、おしりフリフリ状態です(笑)

めちゃめちゃ嬉しさが伝わってきますよね。ちなみにしっぽはクルンっと丸まっているので、他の犬種のようにしっぽを振るのは得意ではないんです。

わずかに動いてはいるんですけどね。黒パグはしっぽの代わりに、体を使って喜びを表現しているんですよ。

 

スポンサーリンク

黒パグあるある③かまってちゃん

これは、主にパグのオスに言えることなのですが、けっこうなかまってちゃんなんです。人間でも同じですよね。

「ママー、ママー」といつでもママにくっつき虫な男の子に比べて、女の子は、わりと一人で遊んでくれる。これ、パグもまったく同じなんです。パグのオスは、とにかく体のどこか一部でも触れていたい、超絶かまってちゃん。

例えばうちの黒パグくんの場合だと、散歩中立ち止まると、私の片足の上に足を置いてくるんです。分かりますか。え、なんで足踏むの。的な状態なわけですよ。

そして家の中でも私が座ると、膝の上に乗ろうともう必死。膝の上の許可がおりなかったときは、今度は足や背中にピタッとくっついてくるんです。机の下から顔をのぞかしてきたり。

でもなんといっても私が一番好きな体勢は、ライオンキングポジション(笑)

そう、前足を私の膝に置いて、あたかもライオンキングのようにポージングするんですよ。「ボクここ乗ってますからぁ」といわんばかりのどや顔で。もう笑っちゃいますよね。パグも人間と同じ、幼い男の子のようなんです。

 

黒パグあるある④食べ方が下手

これまたあるあるなんですが、まぁー、食べるのが下手なんです。鼻がぺちゃんこだから仕方ないのは分かるんですけどね、それにしてもご飯をこぼしすぎ(笑)

中には上手に食べられるパグちゃんも多いんですよ。しかし黒パグに多いのがこの、「食べ方下手すぎだろ問題」なんです。

我が家のパグくんは特にへたくそでして、毎日、毎食、こぼして、こぼして、こぼして。お皿の意味あるのかと思うほどにこぼしながら食べるのです。

なんなら、短い鼻でドッグフードをお皿の外に押し出して、こぼれたドッグフードを優先して食べるほど(笑)

でもこれも、フォーン系の毛色のパグより興奮しやすい、黒パグあるあるなんですよね。ちなみに我が家のパグくんは、こぼし放題をやっと卒業しました。

今まで何種類のお皿やボウルを試し(ペットショップでおすすめされたお皿もたくさんあります)、ボツにしていたあのパグくんが、今やこぼれ知らずになったんですよ!

もう、感動フィーバーが止まりませんでしたね(笑)それがこの、鼻ぺちゃ用のボウルです。

パグの顔もすっぽり入るサイズですし、なにより“かえし”があるのですごく食べやすそうなんですよね。シリコンマットもセットになっているので、ボウルがすべる心配もありません。

このシリコンマットはフレンチブルドッグの顔の形をしているので、これがまた可愛いんですよね~。

 

これ、わりと重量があるボウルなので、ガッツいで食べるパグくんでもボウルは倒れませんよ。いやーー、ついに出会いましたね。

幾度となく試しても解決しなかった「こぼしすぎだろ問題」。我が家は、このボウルとの出会いをきっかけに、卒業を迎えることができました。これを考えてくれた人に心から感謝を伝えたいです(笑)

他にも黒色のボウルがあってですね、これまたかわいいんですよね。もし私のように「こぼしすぎだろ問題」に悩んでいるならば、よかったら参考にしてみてください。

 

黒パグあるある⑤いびきがおっさん級

フォーン系の毛色のパグに比べ、骨格が太い傾向にある黒パグ。骨格が太いということは、フォーン系より少し大きめなんですね。大きめといっても、体重1~2kgぐらいの差ですが。

そんな黒パグですから、いびきも相当なもんです。パグはいびきかくのよね~、なんて笑っていられるレベルじゃありませんよ。まるでおっさん。おっさんそのものです。

「ゴォォォオオオ゛オ゛オ゛オ゛オ゛」なんていうふうに、伸びがすごいんですよね。特に神経質な人は、同じ空間で寝るのは難しいかもしれません(笑)

それでもやっぱり爆睡している姿というものは、かわいくて仕方ないんですよね。パグは寝ることが大好きですから、ちょっとの音なんかじゃ起き上がりもしません。おやつの匂いがするとマッハで起きますけどね(笑)

今度録音できたら記事にしてみたいと思います(笑)

そんなパグのおだやかな性格や、人気の理由がもっと分かる記事がありますので、見てみてくださいね。

 

まとめ

  • ペットショップで黒パグはあまり見かけない
  • 黒パグはとにかく真っ黒なので、写真映りが悪く、インスタ映えしない
  • 黒パグは落ち着きがない子が多く、うれしいときなどに興奮すると、しっぽではなくお尻全体で喜びをあわらす
  • パグのオスは超かまってちゃんで、飼い主にいつでも引っ付き虫。体の一部でも触れていると落ち着く
  • 黒パグは、フォーン系の毛色のパグより興奮しやすく、ご飯もがっついて食べるので、ご飯をこぼしながら食べる
  • 黒パグは、フォーン系の毛色のパグより骨格が太い傾向にあり、体も若干大きいので、いびきの音量はおっさん級

飼い主が大好きで、かまってちゃんな黒パグ。フォーン系の毛色のパグももちろん可愛くてたまりませんが、黒パグ独特の性格は、みんなの笑いをさそいます。てんしんらんまんな黒パグの魅力は、まだまだ尽きませんね。

 

スポンサーリンク

ABOUT ME
いちえ
はじめまして、いちえと申します。 人生をいかに楽しめるか、日々探求中。 犬のこと、子供のこと、旅行のこと、思いついたこと(多め)、自由きままに発信していきます♪