たべもの

犬にもやしは最高だった!獣医師さんに聞いたダイエット方法

我が家の愛犬、黒パグくんは食べることが大好きで、体重がMAX11kgにもなりました。そして持病が悪化し、獣医師さんから言われた一言が「太っていたら治せませんよ」……オーマイガー!!

どうしよう、なんて思っていると、さらに獣医師さんが言いました。「もやしを食べさせてください。痩せますから。

この神の助言から、黒パグくんはなんと7kgにまで落ちました。ということで今回は、もやしの与え方、そしてその他ダイエット方法を伝授したいと思います。

現在愛犬のダイエットを通告されている人や、愛犬のダイエットを考えている人へ全力で伝えたい。「犬にもやし」は最高のダイエット方法ですよ。

 

スポンサーリンク

犬のダイエットにはもやしが一番

今まで私は、少しは痩せさせなきゃな、なんて思うと散歩の距離を長くすることと、ドッグフードを減らすことぐらいしか思いつきませんでした。

そしてドッグフードの量を減らしてみると、案の定、いつもにも増してご飯を欲しがるようになっていったのです。

まずは、もやしと出会うまでの黒パグくんのようすからお伝えします。

もやしと出会うまで黒パグくんは飢えていた

画像出典:https://pixabay.com/ja/

我が家の黒パグくんは、ごはんの食べ方が本当に下手なんですよ。ドッグフードをかまずに、丸飲みするんです。噛んでいる音がまるで聞こえない(笑)

そしてマッハのスピードでたいらげるもんですから、まぁ、1回の食事が早い早い。さらにドッグフードの量も減らしているので、常に飢えているようでした。噛んで食べればまだ腹持ちも違ったんでしょうけど。

「噛んで食べるんだよ!30秒は噛んで!」なんて教えられたらなんの問題もありませんでしたが、なにせ犬に食べ方なんて教えられませんよね。

当時ごはんを食べるときの黒パグくんは、普段の温厚な姿はどこにもありませんでした。手を出そうものなら、誤って噛まれる恐れもありましたから(笑)

そう、食事のときは完全に目つきまでも、飢えている野良犬のようでした。そんな黒パグくんがもやしと出会い、毎食満足にご飯を食べられるようになったのです。

もやしというスーパーフード

これを教えてくれたのは、現在通院している病院の獣医師さんと看護師さん。このお二人と出会ってから、黒パグくんと私は、現在に至るまで心身ともに救われています。

犬の病気について、食事について、生活について、誰も教えてくれないようなことを、なんでも優しく教えてくれるんですよね。そんな獣医師さんたちが、「犬のダイエットにはもやしがおすすめ」ということを教えてくれました。

もやしはいくら食べても太らないからね、人間だって同じだよ。」とまぁ、神の助言を受けたわけですよ。そして私はさっそく、その日の帰りにスーパーへ寄って一袋19円のもやしを買ったわけでございます。

もやしって、めちゃ安ですよね。高くても40円とかですかね。そんな安価で本当に犬も人間もダイエットができたなら、これはまさしく最強のスーパーフードじゃないですか。

しかもたくさん食べたいワンちゃんなら、食べる量が増えただけで純粋に喜びますよね。

もやしを食べだしてから便通がよくなった

以前から、我が家の黒パグくんは便通が悪いわけではなかったのです。それでももやしを食べだしてからというもの、さらにウンチの量が増えたんですよ。しかもかったいウンチではなく、柔らかい、いいウンチです。

以前ペットショップの店員さんに、ウンチが固すぎたら水分が足りていなくて、柔らかすぎたら水分の取りすぎなんだと、言われたことがあります。これは人間も同じですよね。

もやしには、実は食物繊維が含まれているんです。さらには水分からできているといっていいほど、水分量が多いんですよ。ちなみに約95パーセントが水分です(笑)なので、食べても食べても水分を取っているようなもの。

そしてワンちゃんにももちろん無害ですので、安心して食べさせてあげることができるのです

もやしは1袋に約200gほど入っていますが、わずか30キロカロリーほどしかありません。これ、人間にもかなり朗報じゃないですか。獣医師さんが「食べても太らない」と言っていた意味が、十分に理解できました。

いくら食べても、便通が良くなるのでウンチもたくさん出るし、水分量も多いので、オシッコとしても排出されるわけです。

今までは、もやしといえば「かさまし作戦」につかえる節約アイテムというイメージがありましたが、まさかダイエットにも効果があっただなんて。

もっと早く知りたかったですよね。そしてさらに調べていくと、免疫機能も回復して、血液サラサラになって、疲労の回復にもなって、と、出てくる出てくるもやしの効能。すっっばらしいじゃありませんか。

「犬にはもやし」というより、「犬に“”もやし」ということが分かりましたね。

 

もやしの与え方

もやしのすばらしい効能が分かったところで、次は、もやしの与え方について説明していきたいと思います。

レンジでチン

画像出典:https://pixabay.com/ja/

もやしは普通茹でるでしょ、なんて思われましたか。ノーノー。茹でてしまうと、せっかくの栄養が流れちゃうので正直もったいないです。それにレンジのほうが、時短なうえ洗い物も少なくてすみますし、レンジ最強です。

作り方というほどでもありませんが、説明させていただきますね。

  1. まずもやしの袋を開ける前に、袋の上から揉むようにして、もやしを細かくしていきます。もやしはポキポキ折れるので、包丁もハサミも必要ありません。
  2. 細かくできたら、軽く水洗いして水を切り、深めのお皿にもやしを入れてラップをかけます。あんまりきつくかけず、ふんわりめでお願いします。
  3. そして500Wで2分チン!すると完成でございます。あとはラップをはずし、もやしをざるにうつして冷めるのを待ってください。あまり水でバシャバシャ流すと栄養も流れてしまいますので、なるべく冷めるまで放置でお願いします。
  4. 冷めたら、ドッグフードにもやしをトッピングしたり混ぜたりして、ワンちゃんにあげてください。我が家の黒パグくんのように、何でも食べる子じゃない場合は、まぜてあげたほうがいいと思います。

そしてレンチンだけでなく、もやしをオリーブオイルで炒める、なんていうのもGOODですよ。

オリーブオイルというところがポイントでして、オリーブオイルもまた、ワンちゃんにも与えてOKなオイルなうえ、便秘解消予防に期待される優れものなんです。

私は、気が向いたときだけ炒めています。気が向く日は少ないですが(笑)ちなみに、調味料系などでもやしに味付けするのはもちろんNGですよ。

一日の与える量のめやす

じゃぁ、一体どれぐらいもやしを食べさせていいのか、というところですよね。我が家の黒パグくんは、現在7kg。そして1日一袋のもやしを食べています。「そ、そんなに食べていいのっ」なんて思いますよね。

私も最初、獣医師さんに言われたときはびっくりしました。めちゃめちゃかさましできるじゃないかーーー、と。一気に黒パグくんの、喜んで食べる姿が頭に浮かびましたね。

もちろんワンちゃんによって体質も違いますから、調整していったほうがいいと思いますが目安としてはそれくらいです。単純に4㎏ぐらいの体重だと、1日もやし半袋程度がいいでしょう。

そしてダイエット中ならば、ドッグフードは少し減らすようにしてくださいね。ドッグフードによって1日の与える量が決まっていますから、現在の体重から量を見て少し減らしてみてくださいね。

食べすぎると下痢をする

もやしは水分量が多いため、あまり食べすぎると、お腹を壊して下痢をする可能性があります。少し便がゆるいな、と思ったらもやしの量は調整したほうがいいでしょう。

ちなみに我が家の黒パグくんは、初めてもやしを食べた日に一度だけ、若干ゆるーいウンチをしました。たった一度だけだったので、もやしの影響かどうかは分かりませんが、もやしを最初からたくさん(半袋)あげたからかもしれません。

ですので、念のため少しずつあげて様子を見ることをオススメします。でももしもやしの影響なら、すさまじいほどに効果抜群ですよね。

人間も、1日に3袋以上食べると効果が出てきそうです。でも3袋のもやしとなると、今度は調理法に悩みますけどね。まぁそんなときは、クックパッド先生に助けてもらうしかありません(笑)

 

スポンサーリンク

その他愛犬のダイエット方法

それでは、他にどんなダイエット方法が効果的なのか、我が家の黒パグくんの経験を踏まえて紹介したいと思います。

ドッグフードをふやかしてあげる

子犬の頃って、犬用の粉ミルクとお湯で、ドッグフードをふやかしてあげていませんでしたか。人間でいう離乳食のようなかんじですよね。

我が家の黒パグくんは、大人になってもなお、噛んで食べることができないんです。そんな我が家の黒パグくんみたいなワンちゃんを飼われている人は、もうあえて噛まなくてもいいようにふやかしましょう。

ドッグフードって、思いのほかふやけるんですよね。軽く2倍ほどには膨らみますので、だいぶ量が増えて見えて、ワンちゃんはもうとっても大喜びです。

現在、我が家の黒パグくんは上の写真のように、ふやかしたドッグフードともやしを混ぜて食べているんですよ。(我が家は3回に分けてご飯をあげるので少なく見えますが)

水分が多いので重さもあり、黒パグくんからしたら「こんなに毎日たくさん食べられるんや!ありがとうママ!」なんて思っていることでしょう。

だいたい、ドッグフードがつかるぐらいまでお湯を入れて1時間程度放置すると、驚くほどに膨らんでいます。

ふやかし具合は、放置する時間を長くしたりお湯の量を減らしたり、お好みで調整してみてくださいね。夜、寝る前などドッグフードにお湯を入れて放置しておくと、朝がすごい楽ですよ。膨らみ具合がすごすぎて笑っちゃいます。

あと一つ言うならば、ドッグフードにお湯をいれたら、ラップなどでフタをすることをオススメします。お湯を入れることによって、ドッグフードのにおいが部屋中に充満しちゃうんですよね。私はちょっと苦手でして。

ダイエットフードに切り替える

ダイエットフードは、普通のフードよりも少し量を増やすことができるんです。食べることが大好きな子にとっては、「少しでも多く食べたい!」これに尽きますよね。

いくら高級なフードでも、腹持ちがよくないと結局満足してくれません(笑)

我が家の黒パグくんのように食べることが大好きなワンちゃんは、ここでダイエット用に切り替えるのも手だと思いますよ。

私が今までいろんなフードを試してみた結果、このサイエンスダイエットはダイエットフードの中でも安価、かつ安心してあげられるフードだと思っています。

 

ちなみに我が家の黒パグくんはご存知、食べるのがまぁー下手なんですよ。丸飲みのうえ、部屋中まき散らかしながら食べていたんです(笑)

でも現在使っている独特の形をした食器のおかげで、黒パグくんもついにこぼすことなく食べられるようになりました。

これ、本当にうれしかったんです。半ば諦めていましたからね(泣)もし私のように悩まれている人がいましたら、こちらの記事も見てみてくださいね。

ささみのジャーキー

鶏のささみのジャーキー、実はご家庭でとっても簡単に作れるんですよ。これは本当に喜びますので、よかったら作ってみてくださいね。

  1. 鶏ささみを1時間程度凍らし、半解凍程度にします。こうすることで、包丁で切りやすいんですよね。
  2. 半解凍できたら、薄ーく切っていきます。できたら1~2mmぐらい。さらにそれを千切りにしてもOKですし、切り方はお好みでお願いします。
  3. そして、さっと茹でます。薄く切っているのですぐにあげて大丈夫ですよ。ちなみに、切るのが面倒くさいようなら、茹でたささみを細かく裂いてもOKです。
  4. ささみをクッキングシートに並べ、160度に余熱したオーブンで30分ほど焼けば完成です。お好みで焼き時間は調整してくださいね。

鶏ささみだけでなく、鶏胸肉なんかにも応用できますよ。ささみや胸肉は、もともと脂身が少なく、ダイエットには最適な食材ですので、美味しく食べられてカロリーも抑えられて、おすすめのおやつなんです。

さらには無添加なので、ワンちゃんにも安心ですよね。私の住む地域では、胸肉は安いとき100g38円なので、もっぱら胸肉で作っています。ぜひ試してみてくださいね。

 

まとめ

  • 犬のダイエットなら、もやしが効果的。もやしは便通をよくする食物繊維が入っていてカロリーも少ないため、食べても太らない。
  • もやしは、茹でると栄養が流れてしまうので、レンジで2分ほどチンしてドッグフードにトッピングしてあげるようにする。
  • 体重が7kg程度あれば1日もやし1袋は食べてもいいが、犬によって体質は違うので。便がゆるくなりすぎないか様子をみる必要がある。
  • 食べることが大好きなワンちゃんは、ドッグフードをお湯でふやかしてあげると量が増えるので喜んでくれる。
  • ご家庭で簡単に作れる鶏ささみジャーキーは、脂質も少ないうえ無添加なので、最高のおやつになる。

食べることが大好きなワンちゃんは、食べても食べても欲しがりますよね。「クゥゥン」なんて言われたら、しょうがないなぁ、なんてついついあげてしまいます。

そして家族の人数が多ければ多いほど、この「一つだけよ」が増え、みんなそれぞれ「一つだけ」あげるんですよね(笑)

ダイエットは運動と食事量、なんて分かってはいるけど、それが難しいから大変なんです。我が家の黒パグくんのように、空腹状態が続き、猛犬のようにならないためにも、食べて痩せるダイエットを試してみてくださいね。

もちろん、散歩も必要ですけどね。

 

スポンサーリンク

ABOUT ME
いちえ
はじめまして、いちえと申します。 人生をいかに楽しめるか、日々探求中。 犬のこと、子供のこと、旅行のこと、思いついたこと(多め)、自由きままに発信していきます♪