生活

犬のケージを手作り!100均と木材で簡単DIY!反省点有

犬のケージって結構高いんですよね。お手頃価格なケージだと小さいやつばかり。我が家では、ケージの中にトイレも置いているので、どうしても大きめのケージじゃないとダメだったんです。

あまり小さいケージだと黒パグくんの居場所が少なくなっちゃいますしね。そして予算は5000円以内。でも欲しいサイズは1万円超え。うーん。こうなったら作るしかありませんよね!

ということで、第一回ケージ作りをご覧ください。(全1回ですw)

 

スポンサーリンク

ケージの条件を決める

さて、ケージを作ろうと思うと、まずはシミュレーションですよね。黒パグくん用のケージ作りの条件としては

  1. わりと大きめ
  2. ケージの中にトイレ設置
  3. 水飲みはペットボトルを吊るすやつ
  4. 体を伸ばしてもくつろげるスペース
  5. よく飛び跳ねるので、わりと重くて頑丈なケージ
  6. 床を掃除しやすいようにしたい
  7. ちょっとおしゃれに
  8. 予算は5000円以内

ざっとこんなかんじでした。

そして、インスタグラムでリサーチを開始したわけです。

 

インスタなどを見ておしゃれなケージを探す

今回、私が参考にしたのは個人の方のブログにあったケージで、転用できないので、代わりにインスタから借りてきました。

みなさんいろいろなケージを作られていてすごいですよね。天才かよっ!と思うものばかりです。

なかでも私がイメージしていたようなケージは、

 

こんな感じです。かっこいいですよね、こんな立派なケージが作れたら。ケージをリサーチしているときはもう、ワクワクが止まりませんでした。

ちなみに、「犬 ケージ 手作り」というかんじで画像検索すると、たっくさんのケージが出てきて「すっげ~~~~」ってなってました。

そんなこんなでイメージが沸いたところで。本当はここからサイズなどきっちり測ったりするべきなんですが、計画性のない私はもちろん、現場へGOしたのでした。

 

ホームセンターと100均へ急げ!

よし、ガッツリ木材で作っちゃおう!なんとかなるさ!ということで、ホームセンターに行きました。

もう、行ってから考えよう作戦です(笑)

木材、木材っ、とワクワクしながら行ったのですが

ここで問題発生!!

木材の種類多すぎやろーーーーーーー!

なに、この量、どうしたらいいの?まじ?など、もはやパニックだったわけです(笑)

DIY初心者におすすめのSPF材

今思えば、いろいろ木材の種類を調べてから作った方がよかったんだと思いますが、そのときは

ま、いいか!安いので!と、かなり安易で決めました。

ちなみに、SPF材という、パインの木などの木材を買いました。

SPF材は、一番安く手に入る木材なんです。木材の中では柔らかい方で加工しやすくてDIY初心者にはおすすめの木材なんですよ。

というのは、後々知った話です(笑)SPF材は、どのホームセンターにも置いてあるのですぐ見つかると思います。

ちなみに屋外で使う場合は、SPF材はおすすめしません。というのも、水に弱いんですよね。防腐剤入りの塗料を塗っても、どうしても腐りやすいんです。

屋外で長く使えるものを作る場合は、SPF材よりもレッドシダーという木材がおすすめです。

参考にしてみてくださいね。

サイズは2×4材がおすすめ

画像出典:https://pixabay.com/ja/

というわけで、SPF材を買った私。それも、ホームセンターの外に置いてある、コーティングもされてないただの木!ってかんじのを買いました。

今思えば、サイズにもこだわればよかったのですが、なにせ「安く抑えたい!」が先立っていましたから(笑)

今思えば、2×4(ツーバイフォー)材というサイズの木材を買うべきでした。

私はそのときなにも知らなかったので、断面が3.5センチ×3.5センチのサイズを買ったのですが、けっこう大変だったんですよ。

私はこれも後々調べてその存在を知りまして、相当ガックシきました。絶対作りやすかっただろうなー!と。

初心者さんはとくに、DIYするときは2×4材を買った方がいいと思います

あ、ちなみに2×4材は、2センチ×4センチじゃありませんよ!

断面のサイズ3.8センチ×8.9センチです。ちゃんと2×4材の名前の理由があるんですが、ようは、そういうサイズの規格、ということでまとめちゃいます。

とにかく使いやすい、ということですね(笑)

まぁそんなこんなで、まったく調べもせず行った私は、束で縛られてあるSPF材をまとめて買ったのでした。

ホームセンターでは木をカットしてくれる

そして、ホームセンターの便利なところは、木をカットしてくれるところ!

私の家の近所にあるホームセンターは、15カットまでタダでした。

15カットって少なすぎるやろ!なんて思いましたか?ホームセンターのカットマシーンは、1本ずつなんて切らないんです。

ガバッとまとめてカットしてくれるので15カットあればけっこう切れます。

ゲージを作るときなんかは、同じ長さが多いですよね。これはとってもありがたいサービスです!

ですが、そのとき私はこの最強なサービスを知らなかったんですね。はい、愚かです。

なので家にあるさびついたノコギリで、汗だくだくになりながらギコギコ切っていました。何本も。

そりゃぁもう、泣きそうでした。

そしてたまたま家に来た母に、「え、ホームセンターで切ってもらわなかったの?」と。

ちょ、ちょ、ちょ、ちょ、ちょっと。今なんて?とまぁフリーズしたわけです。

結果的に、9本じゃ足りなかったのでもう一度同じ木材を買い、そのときにマシーンで切ってもらいました。

私がすっっごい苦労して切っていたあの労力はなんだったんだ~。なんて思いながらも感激したのでした(笑)

というわけで、木材はホームセンターでカットしてもらいましょう!

今回買ったもの

そんなこんなで今回私がホームセンターで買ったものは、

  • 木材約1800円
  • ミニ電動ドリル約1800円
  • ねじの大袋入りを約300円
  • クッションフロア幅91センチ×長さ1.3m(切り売り)約900円
  • ケージのカギ200円
  • ドア部分をつなぐ金具300円
  • やすり100円

です。そしてそのあと100均へ行きまして、買ったものが

  • ニス入りの塗料(ダークブラウン)2つ
  • ハケ1つ
  • ワイヤーネット1つ
  • コーナーを強化するL字の金具(2つ入り)2つ

合計して6000円くらいです。どうでしょう。私の予算は5000円でしたので、まぁまぁ近いですよね。というよりドリル入れての値段ですから、かなり安いです。ブラボー!

 

スポンサーリンク

あとはひたすら組み立てる

あとは、もうひたすら穴をあけてねじをしめての繰り返し。これはいつまでかかかるんだろう~、なんて途中諦めかけ、無心になり、そうこうしているうちになんとか形になりました。

ですがやっぱり一人での作業はなかなか難しく、手こずった箇所もありました。まぁでも、人間なんとかなるもんですね。

というより、最初にノコギリで木を切った時点で体力と気力は消耗されていたように思います(笑)

すべてホームセンターで切ってもらっていたら、無駄な時間も体力も使うことはなかったでしょう。まぁ私は、あの作業も無駄だったとは認めていませんけどね!

塗装は面倒くさい!というよりやすり!

組み立て作業が終わったら、やすりで全体を削り、塗装作業に取り掛かりました。この最後の作業が地味に面倒くさい!裏も表もこまかすぎて塗るところが多すぎて、もういいかな、塗らなくても。なんて諦めようとしながらもって、結局塗りました。

とはいえ、おおちゃくな私。ケージは壁に寄せて置くつもりだったので、その面は見えないので塗っていません(笑)少しでも楽をしようとする作戦ですね。

というより、もともと面取りなど加工されている木材を買えばやすりを使う必要なかったので、木材の塗装も楽しめたかもしれません。

そしてさらにはダークブラウンの木材も売っているので、少し値段を出せばいい感じに仕上がったでしょうね(笑)しかし今回は激安がテーマでしたので、そもそも土台が違いました。

仕上げに

仕上げ作業です。我が家の黒パグくんはペットボトルの水を吊るして飲むので、ワイヤーネットを結束バンドで括り付け、装着しました。

ちなみに結束バンドは家にたくさんあるので買ってないですが、家に無い方は必要ですね。

あとはクッションフロアをひいたら完成でございます。その完成したケージがこちらです。

写真するとまぁまぁ、できているように見えますかね(笑)扉部分はねじが緩く、黒パグくんがカリガリして回りました。そして全体的に斜めになっているのは性格のあらわれでございます。

今回初めて作ってみて、たっくさんの反省点が見つかりました。見つかりすぎました。

というわけで、今回の反省点を振り返りたいと思います。

 

今回の反省点

今回完成して思ったこと。それは、扉が重すぎて下がる。

これは盲点でした。確かに今思えば、重いというのは分かるのですが、作るまではまったく考えていませんでした。3.5センチの幅は分厚すぎたようです。

せめて扉だけても、ワイヤーネットにしたりするべきでした。

やっぱり重すぎると支えきれないんですね。別に壊れはしないんですけど、扉を開けると下がるのでけっこう気になります。

あとやっぱり、木材はちゃんと面取りなど加工しているものを選んだほうがいいです。加工していない木材は、木が手に刺さる可能性もあるので危ないですし、角も危ないですからね。

私はやすりで頑張りましたが、まぁ大変!やっぱりもともと加工してある木材にこしたことはありませんね。

そして、2×4材がよかった~~~。今回作ってみて分かったのですが、3.5センチの幅があると、ねじの長さも結構長めのを選ばないといけないんです。

ねじが長いのって、地味に大変なんですよ。

10本とかじゃないですからね。何十本と回すわけですから、少しでも短いほうが圧倒的に楽だと思います。

むしろ、あまり飛び跳ねず力がないワンちゃんは、枠組みだけ木でしっかり作って、あとはワイヤーネットでもいいかもしれません。

我が家の黒パグくんの場合、かーなーりーの力があるので、もう飛び跳ねながらケージごと移動させてくるんですよね。なので枠組みだけを木材にするとやっぱり軽いんです。

なので、扉の部分だけ軽くするべきでした。そして作り直す気力はありませんでした(笑)

ということで、今回のケージ製作、反省点もふまえてまとめてみます。

 

まとめ

  • 犬のケージは、お店で買うとかなり高く、値段が安いケージは小さいサイズ
  • ケージを作るときは、ワンちゃんにあった条件を決める
  • どんなケージを作るか、ネットなどを見てイメージを沸かせる
  • ホームセンターや100均に行って材料を調達する
  • 木材を使うならSPF材という種類の2×4材がおすすめ
  • 無加工より、面取りなどをしている木材がいい
  • 木材でケージを作る場合、扉の部分だけでもワイヤーネットなどにして軽くする
  • よく飛び跳ねるワンちゃんの場合はケージを重くする必要がある
  • あまり飛び跳ねないワンちゃんの場合は、枠組み以外はワイヤーネットでもOK
  • 犬のケージ作りは、デザインや形を自由に作れるDIYがおすすめ

こんな感じですかね。やっぱりなんだかんだ、自分で1から作るケージは、出来上がったときの達成感が半端ない。もうすごくうれしいです。

しかも、心なしかワンちゃんも喜んでいるように見えるかも…!!(笑)

今回は反省するポイントばかりでしたが、もしまた作るときは、最っ高の作品が出来上がること間違いなしです。

もしケージのDIYを考え中なら、ぜひ私の反省点を生かして、すっばらしいケージを作ってくださいね。

 

スポンサーリンク

ABOUT ME
いちえ
はじめまして、いちえと申します。 人生をいかに楽しめるか、日々探求中。 犬のこと、子供のこと、旅行のこと、思いついたこと(多め)、自由きままに発信していきます♪